カンボジアからの技能実習生受け入れ

カンボジアからの技能実習生受け入れ

カンボジアは、東南アジアの張って途上国の中でも近年目ざましい成長スピードで、経済発展や産業振興の担い手不足が深刻な問題になっています。

カンボジアの技能実習生を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

次の時代の人材を教育して国の発展をさせる為には、先進国の技能・技術そして知識を積極的に取り入れて、吸収する事が必要不可欠です。

そこでカンボジア政府と関係協力国で、若手の人材を技能実習生として絵画へ送り出し先進国の進んだ技能を学ばせる取り組みがされています。



カンボジアの人口は約1500万人で、その8割が農民となっています。

経済の発展には、若者が先進国の農業技術も勿論ですがIT関係や産業技術を習得する必要があります。
日本は、最大の支援国となっており日本企業や日本製の商品が数多く普及しているので、日本への憧れが強く親日派の人が多いのが特徴です。また、熱心な仏教徒で年上を敬い大事にし、感謝の気持ちを忘れない部分は日本人に似ています。
更に、勉強熱心であり技能の修得も早くその姿勢は日本人従業員にも良い影響力があり、企業といても業務成績が上がるメリットがあります。



技能実習生になるには、適性検査を受けた者が日本から送られた専属のスタッフにより決められた期間内で教育します。日本に行っても苦労しない様に基本的な日本語や風習などを学ばせ、最後に合格した者が技能実習生として日本へ送り出しされます。

少子化や高齢化が問題となっている日本にとっては、カンボジアからの実習生は貴重な存在になっているのも確かです。

  • 注目情報

    • カンボジアからの技能実習生を雇用する方法は大きく2つに分類できます。企業が一定の条件を満たして直接受け入れる方法では、送り出し機関から監理団体の仲介を経ずに技能実習生が紹介されます。...

      detail
  • 教育関係の真実

    • 現在日本ではカンボジアからの実習生の受け入れと言うものを行っています。これは国が推進する外国人技能実習生制度を利用したものであり、カンボジアなどの東南アジアの若者を日本の企業で雇用する形で技能実習を行うのが目的となっています。...

      detail
  • 納得の知識

    • 日本とカンボジアには深い結びつきがあり、同国では多くの人々が日本に対して良い感情を抱いています。同国と日本は1953年に正式な外交関係を結びましたが、1970年代から続いた内戦時代には断絶状態にありました。...

      detail
  • 教育のコツ

    • 現在日本ではカンボジアからの実習生を受け入れている企業が少なくありません。これは日本が国として推進している外国人技能実習生制度を活用した活動の一環であり、カンボジアなどの東南アジアを中心とする地域の若者を日本企業に受け入れる形で行っている国際貢献活動の1つです。...

      detail